onlinesofts.com - フリーソフト・シェアウェア紹介/更新情報

onlinesofts.com > Onlinesoft Review > Review4

soft4

index
#40 PageRankChecker / googleツールバーのPageRankをチェック(free)
#39 Dynamo / MP3プレーヤー(free)
#38 YNews / Yahoo!News に掲載されている記事をローカルで閲覧(free)
#37 常用ソフト-その2
#36 Berry / 画像掲示板巡回ソフト(free)
#35 IMESTART / IMEのON/OFFキーを入れ替え(free)
#34 DiskWatcher / 指定ドライブの状態をデスクトップに表示(free)
#33 Onci+ / ログオン中に追加されたスタートアップをログオフ・終了時に確認・編集(free)
#32 逆トリミング / 画像を指定サイズでトリミング(free)
#31 URL Snooper / URLモニター(free)


2003/3/22(Sat)#40
PageRankChecker Ver 1.00 / googleツールバーのPageRankをチェック(free)
 ぐーぐるツールバーにはPageRankなる機能があるのだが、日本語版のツールバーでは10段階のうち何番目のランクなのかが分からない。英語版ならわかるんだけどね。

↑英語版だと"(9/10)"と、ランクが分かる。

 それで、昨日登場したPageRankChecker だが、どんな仕組みなんだと思いつつダウンロード。
 起動したら中央上部に空いた窓をブラウザのページランクに合わせ、下の数字を押してブラウザに表示されているランクと合わせる。

 というわけで、非常にアナログ的なソフトだが、確かにランクは分かる。英語版のツールバーに入れ替えるよりは楽かな。


2003/3/22(Sat)#39
Dynamo Ver 0.08 RC1 / MP3プレーヤー(free)
 なんつーか、"ソフトウェアは見た目も操作性もシンプルであって欲しい"というのが1ユーザーとしての勝手な想いなんだが、そんな自分の想いにかなったMP3プレーヤーがこのDynamoだ。この作者さん、Dynamo の前はWyvern というこれまたシンプルなMP3プレーヤーを開発されていたのだが、最後の方(Ver0.44かな?)はだいぶ多機能になった記憶がある。

 Dynamoは基本的な再生機能に加え、プレイリスト対応、イコライザー、履歴機能、お気に入り機能を搭載、ホットキーのカスタマイズか可能と、MP3プレーヤーとしては必要十分な機能を備えている。シンプルイズベスト!(※ リンク先は"あんてぃ~くしょっぷ くまかわ堂"さんにて発見しました。)


2003/3/20(Thu)#38 
YNews Ver 0.15 / Yahoo!News に掲載されている記事をローカルで閲覧(free)
 YNews はYahoo!News からニュースをダウンロードして、メールのように閲覧できるソフト。
 なんか戦争が始まりそうで非常に気になるけど、仕事中でテレビを見てらんないし、かといってブラウザも堂々と起動できない。もうおいらは仕事が手に付かん!と、そんな人がいるかどうかはわからないが、そんな時に便利なソフトウェアだ。
 使い方は簡単。カテゴリ(日本・経済・海外・地域)を選択すればヘッドラインが読み込まれ、見出しをクリックすれば下部にニュースが表示される。更新ボタンを押せば最新の見出しをダウンロードすることができる。


2003/3/20(Thu)#37 常用ソフト-その2
 1/29に引き続き(だいぶ経ってしまった)、今回も使用中ソフトの紹介。使用中っていうか、インストールしてあるっていうか・・・。

ピッタリでチュ!(パソコンの時刻合わせ・share)
 LAN内でタイムサーバとして稼働ができるので、クライアントにもピッタリでチュ!を仕込んでおけばLAN上のクライアントを常に同一時刻へと同期させることができる。連動シャットダウン・定期リブートなども可能。

Winamp2(オーディオプレーヤー)
 豊富なPlug-inとSkinで楽しめる。音質にこだわる人向けか。

CD2WAV32(リッピングソフト)
 最近ではパッケージソフト(BeatJam XXtream)を使っちゃってますが・・・。国産リッパーと言えばこのソフト。

Net Transport(ダウンロードマネージャ)
 FlashGet から完全乗り換え。

右クリックサーチ君(IEのコンテキストメニューに検索メニュー等を追加)
 気になる文字列は右クリックで即検索。手放せません。

ヴァルヘルIPコンフィグ(Windows2000のTCP/IP設定をワンタッチで切り替え)
 ノートパソコン使用時や、仕事場の回線切り替え時には役だったなぁ。

IMEStart(IMEの起動キーを入れ替え)
 5年くらい愛用しとります。

OPTPiX webDesigner(画像サイズを小さくするための高性能グラフィックスツール・share)
 高品質で画像の縮小・減色が可能。"一括処理"使用すれば、フォルダ内の画像ファイルを縮小しながらフォーマット変換などの複合技が可能に。GIFフォーマットにも対応。

JTrim(フォトレタッチソフト)
 直感操作に優れるので初心者にも扱いやすい。Susieプラグインに対応。

LitePaint(ペイントソフト)
 こちらも扱いやすい。フルセットに標準添付のフィルタやスクリプトが充実。


2003/3/19(Wed)#36
Berry Ver 1.06 / 画像掲示板巡回ソフト(free)
 Berry は画像掲示板を巡回し、ローカルの指定したフォルダにダウンロードしてくれるソフト。複数の掲示板を登録でき、任意のインターバル(1~1440分)で画像ファイルのダウンロードが可能だ。ただし、Berry にはページを遡る機能がないため、登録したページのみのダウンロードとなる。通常はシステムトレイに常駐して使用する。
 Berry は設定にて登録した拡張子に合致したファイルをダウンロードできるため、mpgなどの動画ファイル、zipやFlashといったファイルもダウンロード可能だ。
 今回はgoogleで検索した画像掲示板を2つほど試してみたが、問題なく使用できた。画像掲示板の種類がどのくらいあるかは不明だが、とりあえず使ってみる価値はあるようだ。


メイン画面。左下のボタンで巡回の一時停止もできる。


ページ設定の画面。使い方は非常に簡単。


2003/3/18(Tue)#35
IMESTART Ver 1.11E / IMEのON/OFFキーを入れ替え(free)
 非常に昔のソフトなんだがどーしても手放せないツール。Win95の時代からIMEのON/OFFはこのソフトを使って「ひらがな」キーに割り当てている。で、XPでも普通に動いたのでご紹介。
 XPや2000は「半角/全角」キーのみでIMEが起動するが、Win95の時は「Alt」+「半角/全角」キーでの起動であった。Windows95導入当初はNECのPC9801Xt13というパソコンを使っていたのだが、それはたしか「XFER」キー(だっけ?)でIMEの起動ができ、PC/AT互換機に乗り換えたときはなんか不便に思い、このIMESTARTを導入したのがきっかけだ。

 IMESTART は既定で11種類のキー割り当てが登録されており、その中から1つ選んでIMEの起動に設定することが可能。システムトレイから隠す事もでき、スタートアップに入れておけば違和感なく、まるでOSの一部のように使用することができる。

 ちょこっとVectorあたりを覗いて、新たなソフトを探してみたりもしたのだが、単機能でキーの入れ替えを行うソフトはなかなか見つからなかった。で、結局このソフトを使っている。特に不満はないというか、むしろ作者さんに感謝。
 余談だが、このソフトの作者さんはPCTNTのardry 氏と同じ会社らしい(笑)


2003/3/17(Mon)#34
DiskWatcher Ver 2.07 / 指定ドライブの状態をデスクトップに表示(free)
 DiskWatcher はパソコンに接続されたディスクドライブの空き容量、使用容量、全容量、使用率などを表示するツール。
 Windows3.1やWindows95の時代では、ハードディスクはまだまだ高価なものであった。6,7年前だと、3G程度で3~4万円くらいしていただろうか?当時はそんなハードディスクを、いかに空き容量をつくって運用するかが課題であり、それが楽しみでもあった記憶がある。
 現在では80GBでも1.0~1.2万程度と、昔の苦労は何だったんたって感じであるが、そんな大容量のHDDにも対応しているのがDiskWatcher だ。HDDが大容量になった昨今、ディスクの空き容量なんてあまり気にする必要は無いかもしれないが、自分はメインマシンのブートにSCSI の8GBなんてHDDを使っていたりするし、WinMXやWinnyなどの交換ソフトを使っている場合は知らぬ間にディスクが一杯でファイルを交換しそこねるなんてことがあるかもしれない。

 DiskWatcher の特徴は、見た目がよさげ、ネットワークに割り当てたドライブのステータスも表示するってところ。同時に公開されている、Computer Monitor、NetState と一緒に使うのもよいだろう。Skinにも対応している。高解像度の環境だとちょっと見にくいいかも・・・。


 2003/3/14(Fri)#33
Onci+ Ver 1.0.0.2 beta / ログオン中に追加されたスタートアップをログオフ・終了時に確認・編集(free)
 onch+ はスタートアップに変更があった場合、Windows終了時にその変更を教えてくれる常駐ソフト。スタートメニューのスタートアップやレジストリの自動起動に加えられたソフトを表示し、確認・削除ができる。
 色々なソフトをインストールしていると、知らぬ間にシステムトレイに訳のわからんソフトが常駐していたりするのだが、このOnch+ を常駐させておけば未然にこのような事態を防止することができる。spyware やトロイの木馬なども発見できる可能性があるだろう。タスクマネージャによるメモリ常駐サイズは1MB強。
 このソフトは長らく更新されていないソフトなので、WindowsXPでの動作は未確認。自分もWindows2000のみで使用中だ。NT用は別途配布されている。
 このソフトは1ヶ月以上使ってみたが、入れておいて損はなかった。


2003/3/12(Wed)#32
逆トリミング Ver 1.1 / 画像を指定サイズでトリミング(free)
 一般的にトリミングとは画像の切り取りたい部分を選択し切り取ることを言うのだが、逆トリミング はあらかじめ指定した範囲に画像を移動していく。いわば発想の逆転を利用したソフトだ。以前「#25 ホームページフォトメーカー」というソフトを紹介したが、単に指定サイズでトリミングすると言うのであれば、逆トリミングの方が分かりやすく、簡潔に操作を行える。


画像をドラッグし、トリミング範囲枠(赤線)に移動する。
1024×786を300×225で逆トリミング中。


保存結果:保存を押せば選択範囲が指定サイズで保存される。

 画像の読み込み・保存はBMP、JPGのみの対応、JPGの保存に関しては圧縮率70(低圧縮・高画質)の一律設定ということで、設定やユーザーインターフェイスにはまだ改良の余地があるように思えるが、持っていると便利なソフトだろう。ぜひC++での作り直しを希望したい^^。


2003/3/11(Tue)#31
URL Snooper Ver 1.1 beta1 / URLモニター(free)
 URL Snooper はパケットを監視して接続したURLを表示するツール。特にストリーミングデータのURLもバッチリ拾ってくれるのが特徴だ。正常に動かすにはWinPcap の最新版をインストールする必要がある。WinPcap の最新版はVer 3.0beta。
 URLを拾うにはまずGeneral Option タブの中程にあるNetwork Setting Option でLANアダプタ(LANカード)を選択する。次にSearch タブにてSniff Network ボタンを押せばOKだ。Displayの「Hide Non-Streaming URLs」にチェックを入れれば、拾ったURLのうちストリーミングのデータのみ表示される。表示されたURLをクリックすると下段の窓でそのURLが選択されるので、コピーしてHi-Net Recorder やNet Transport やStreamBOX VCR やASF Recorder やGetASFStream やSDP なんかに貼り付けるとよいだろう。(まだ試してないソフトもありますケド。)


まずLANアダプタを選択する。


ストリーミングデータのURLもばっちり。




















onlinesofts.com - フリーソフト・シェアウェア紹介/更新情報

© 2000-2008 M's. All rights reserved. Click Here!