Microsoft Office 対 Google Suite

G Suite(Google)またはOffice 365(Microsoft)のどちらが優れているでしょう?これは多くの企業で議論されており、さらに多くの起業家がこの回答に苦労しています。ここでは、それらパッケージを精査し、ビジネスシーンに最適なものを決めるお手伝いをします。 以下Office 365およびG suiteの長所と短所をご覧ください。このガイドを使用すると、具体的な理由でもってそのどちらかを選択できます。

Office 365 と G Suite は何ができる?

G SuiteとOffice 365は、オフィスワークに使用される最も一般的な生産性の高いツールです。クラウドにインストールされたアプリケーションを使用するのとはちがい、それらは両方ともコンピューターにインストールできる幅広い種類のデスクトップのアプリケーションを提供しています。 G SuiteとOffice 365の両方で、スプレッドシート、プレゼンテーション、またはドキュメントを作成できますし、どちらも会議機能とクラウドストレージを介して作業メンバーと共同作業するのにも役立ちます。

Office 365 対 G Suite

エントリーレベルのプランを見ると、Microsoft Office 365がここでは明らかに有利です。Office 365 Bussiness Essentialsのパッケージには、なんと1テラバイトのストレージが提供されています。一方Googleの場合、基本プランでは30GBしか提供していません。さらに傷口に塩を塗るようですが、GoogleはG Suiteパッケージを介しては、電子メールが占めるスペースの量も考慮に入れる必要があります。これは、電子メールと添付ファイルが30GBを簡単に使い果たす可能性があることを意味しています。

特性

ではもうひとつクラスを上げてみましょう。 G Suite Bussiness Planは、あらゆる面でOffice 365に勝っています。例えば、こう見てみましょう。あなたは5人以上のユーザーと連携を考えています。その場合安価なのはG Suiteです。 G Suiteを使用すると、無制限のストレージを利用できます。一方、Office 365は1テラバイトのみ、データを提供します。 Microsoftからの1テラバイトの提供は非常に寛大に見えますが、大きな画像やファイルを使用すると、簡単にこの1テラバイトの容量を使い尽くすでしょう。

焦点を絞る

そうは言っても、標準のドキュメント、基本的なコンピューター作業、またはスプレッドシートでの計算などの場合、ユーザーあたり1テラバイトの容量は全く問題ないでしょう。つまり、ほとんどの中小企業がこの基本的なOffice 365パッケージを利用できる、ということです。もし無制限のクラウドストレージを使用することが優先度が高い場合、G Suiteがここでは役立ちます。それでは今、あなたの考えるオプションは何でしょうか? Googleパッケージは月額12ドル、Microsoftは月額20ドルで購入できます。

まとめ

これらのアプリケーションにおいて求める正確な機能に応じて、それぞれがユニークなパッケージとなります。Googleパッケージはユーザーに提供する容量に非常に寛大に見えますが、一方、Office 365パッケージはあなたの容量を処理する、より簡単な方法があります。たとえば、Office 365はメールで使用される容量は、割り当てられた容量の一部としてカウントはしません。 Office 365を使用すると、デスクトップのアプリケーションを使用して、ネットワーク上ではオフラインでいつでも作業することができます。