Microsoft OfficeとApple のソフト選ぶならどっち?

iWorkとOfficeは生産性を高めるためにはとても優秀なソフトの一式です。どちらもスプレッドシートやプレゼンテーションのソフトウェア、そして文章作成ソフトがあります。iWorkはたくさんの図表を作る場合とても役立ちます。Microsoft Officeでは目を引くパワーポイントや書類を作ることが出来ます。また、iWorkは完全無料!この点はMicrosoft Officeよりも惹かれますね。もっと深く2つのパッケージの強みをそれぞれ見ていきましょう。

あなたのオペレーティングシステムは?

AppleのiWorkとMicroSoft Officeのどちらを選ぶかの最初の基準は、あなたのコンピュータのオペレーティングシステムがどれであるかということです。iWorkはiOSが搭載された機種でしか使えません。Windowsのユーザーの場合、iCloud上でのみ使用できます。もしMacを使っている場合は、アップストアからMicrosoft OfficeのiOS版をダウンロードできます。特にAppleはiWorkのWindowsの機種用のソフトは作っていません。さらにLinuxを使っているユーザーはiWorkを使用して作られた書類を開くときにiCloudを使用しないと、トラブルが起こるかもしれません。

互換性について

一つだけ言えることはMacを使っている人と働く時にはNumbersやPagesなどを使えると本当に楽です。Microsoft Officeが入ったパソコンのユーザーの場合、あなたのMacからファイルを送ったり、受け取ったりする際に互換性の問題があるかもしれません。その問題を解決するためにAppleは特に多くの人に使われているMicrosoft Officeのフォーマットであるpptx, .docxそしてxlsxなどの書類のインポートとエクスポートを簡単にできるようにしています。フォント、イメージの矯正、そしてレイアウトはファイルの形式を変えることで変わってしまうことがあります。

ユーザーインターフェースについて

多くのコンピューターユーザーがMicrosoft Officeに比べてiWorkの方が簡単で使いやすいと感じます。Microsoft OfficeよりiWorkをユーザーが選ぶ理由の一つとしてあげられるのがAppleがよくある煩わしいメニュー選択をやめたことです。ただその一方で、複雑な書類やデーターベース、さらにはスプレッドシートなどを扱っているときは、片付いたインターフェースでは仕事が捗りません。多くの役に立つ機能はおそらく目につかない場所に隠れています。

それぞれのアプリケーションの概要

ではPowePointとKeynoteを比較してみましょう。KeynoteはPowerPointと比較した場合デザインが1番にきます。Keynoteではあまりデザインの経験がない、もしくは全くない人でもスライドが作れます。幅広いテンプレートが初めから入っているので自分でデザインする際にそれらのテンプレートが使えます。PowerPointは難しくはないですが、最大限に活用するには少し知識が必要です。ただKeynoteと比べるとより複雑なデザインが作れます。

最後に

Microsoft OfficeとAppleのiWorkはそれぞれ長所と短所があります。例えばMicrosoft Word が事務的な文書を作成するにはとてもいいソフトである一方で、iPagesの方が書類のデザイン、リーフレット、もしくはポスターなどの作成においてはより優れたプラットフォームを提供しています。ExcelとNumbersを比較してみると、どちらも互角といえます。まとめるとMicrosoft OfficeはiWorkに比べ、機能性に優れており、それゆえ世界中のプロフェッショナルな環境で多くのユーザーに使われています。