Microsoft (以下MS)Officeの使用方法

Microsoft Officeは、どのコンピューターにもインストールできる最も基本的なプログラムの1つです。実際、初心者のユーザーとすでに使用経験のあるユーザーの両方を対象としたプログラムです。そのためこのプログラムの使用方法を理解すると、オフィスでの作業が簡単かつシームレスになります。これは同じ傘下に分類されるいくつかのプログラムがあるためです。これらはMS Word、MS PowerPoint、MS Access、MS Publisher、MS Excel、MS Outlookが含まれます。これら各プログラムは、オフィスのセットアップに関する特定の目的があります。 

MS Word

これは、世界で最も有名なワードプロセッサです。MS Wordを使用すると、新しいドキュメントを作成したり、編集したり、ハードドライブに保存したりすることもできます。プログラムの中で、ドキュメントや表にさまざまな図や図形を簡単に追加することができ、ハードドライブからドキュメントに画像を追加することもできます。その他の機能として、ドキュメントへの参照をシームレスに追加する機能や、ボタンをクリックするだけでドキュメントに目次を入れることができる機能が含まれます。

MS Excel

これは、MSのもう1つの重要な部分です。多くの計算処理が行われるオフィスで使用されます。たとえば学校であれば、MS Excelを使用して生徒の成績を計算することができます。これは、マークを一緒に追加したり、合計数を合算したり、平均値を取得したり、合計マークを降順または昇順で並べ替えたりできることを意味します。 Excelでは、特定の変数を生成するために、データにカスタム関数を追加できます。グラフとチャートも生成することができます。

MS PowerPoint

次の会議で、上司や同僚に向けて何か発表したいとお考えですか?であれば、まさにMS PowerPointの出番です。このプログラムは、プレゼンテーションのスライドの作成、メモの追加、またはナレーションの追加をサポートします。ここでは、プレゼンテーションのフォントを簡単に変更したり、写真を追加したり、プログラムで使用できるさまざまな図形を追加したりできます。 PowerPointを駆使することで、スライド上で色々な動的なスタイルを追加して、スライドによりスタイリッシュに、そしてエンターテイメント性を持たせることができます。

MS Access

ここではデータベース管理者の仕事を簡単にすることができます。実際、Ms Accessは初心者プログラマーと経験豊富なプログラマーの両方が使用しています。たとえば、学校の生徒や会社の従業員向けに簡単なデータベースを作成することができます。メリットとしては、データベース内の各オブジェクトに特別なキーを割り当てることができ、質問を簡略化できることです。このプログラムには多くの機能が備わっているため、データベースの作成および管理における重要なツールとなっています。

まとめ

MS Officeは、個人および企業向けにMS Outlookという電子メールの管理サービスも提供しています。これらすべての機能とプログラムが同じ傘下にあるため、コンピューターユーザーは、MS Officeがオフィス勤務と自宅勤務の両方における非常に重要なツールであるということを認めざるを得ないでしょう。MS Officeを使用すると、ボタンをクリックするだけでほとんどの作業を簡単に解決できます。文書の作成、データベースの管理、プレゼンテーションスライドの作成と編集、さらにはポスターの作成やデザインまで、MS Officeが常にサポートいたします。