JavaScriptとは?

もしあなたがウェブ開発に最近関わろうとしていたら、おそらくJavaScriptというプログラミング言語にでくわしたことがあると思います。 JavaScriptはJSと略され、もっとも多く使われているプログラミング言語の一つです。このプログラミング言語は長い期間をかけて発展し、今やどのプログラマーでも使える重要なツールの一つとなりました。これはウェブサイトのための言語であなたのコードを書いたら、コンパイラは必要ないかもしれません。

簡単な定義

JavaScriptは動くウェブコンテンツを作ったり、管理するためのプログラミング言語です。つまり全ての動作、自動更新、スクリーンの移動などあなたが動かす必要がありません。これらの機能の中にはアニメグラフィックや写真のスライドショー、反応するフォームや、自動入力なども含まれます。あなたがインターネットを閲覧している時はだいたいおそらくJavaScriptの開発されたプラットフォームをよく利用しているかもしれません。例えばFacebookがあなたのタイムラインを自動で更新する時はいつもJavaScriptで行われています。またグーグルが検索キーワードをあなたの入力した文字から予測しているのもJavaScriptが使われています。

HTML、CSSとJavaScriptの力

もしあなたがコーディングを始めたばかりであればチュートリアルを利用して古いHTMLから学んでいるかもしれません。またはCSSも使おうと決めているかもしれません。そこから有名なJavaScriptプログラミング言語に徐々にステップアップしていくでしょう。基本的にウェブ開発の中枢は大半がHTML、CSSそしてJavaScriptで成り立っています。HTMLはページの構成を担います。CSSはフォントや背景、色など、どのようにページを見せるかアレンジができます。JavaScriptはあなたのページに動きをつけます。

自動化とアニメ化

JavaScriptはプログラミング言語というよりはスクリプト言語です。スクリプト言語はユーザーのweb体験をより良いものにするため、様々な手順を自動化するものです。つまり、本来手動でするべきタスクをコンピュータが行っているということです。噛み砕いて言えばJavaScriptは面倒な作業を行うために主にWeb開発者によって使われています。例えばウェブサイト内でスライドショーを作る時、JavaScriptはそのような種類のタスクでは最高のツールです。

JavaScriptの使い方

おそらくすでに少し触れましたが、JavaScriptの主な効果を見ていきましょう。最初にウェブサイト上でのやり取りを与えるために使われています。また重要なJavaScriptの使い方として携帯アプリもこの言語で作られています。アプリをあなたのタブレットやもしくはiPhoneで起動するためにJavaScriptはあなたを支えています。あなたはビデオゲームのファンですか?もしそうなら現在ほとんどのビデオゲームがすぐにプレイでき、インターネットでアクセスできるのもJavaScriptのおかげです。

JavaScriptについて学ぶ

HTMLとCSSはあなたのウェブページにコンテンツをつけたり、構成したりするための言語である一方、JavaScriptはページに命を宿す最高のツールです。HTMLやCSSが新入りのプログラマーが行うタスクの全てをカバーしても、JavaScriptを理解することであなたのポートフォリオを広げることができるでしょう。YouTube上のチュートリアルや精通したチューターを見つけることでこの言語をあなたもすぐに習得できるでしょう。ある人たちは自分たちは挑戦と失敗を繰り返すような苦労を経て学んだと言っています。